カテゴリー別アーカイブ: 不動産投資

リフォーム費用の1/3が貰えるあの補助金制度が終了に?新制度「住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業」スタート!

もうお分かりかと存じますが、国が 「空室対策の切り札・打ち出の小槌だ!」と、鳴り物入り・大判振舞いで導入された補助金制度の 最新ニュースです。
平成24年度より3年間にも渡り実施されてきた「民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業」(以下セーフティネット)が 残念ながら終了しました。共用部改修工事(例えば 外壁や屋根など)についても 補助金が支払われるという理由で、数多くの物件で申請が出され、オーナー様におかれましては 修繕費負担の軽減に繋がっていたと存じます。
しかし 国の本来の目的である『住宅確保要配慮者(高齢者世帯、低所得者、子育て世帯、障がい者世帯)の救済』という観点から見ますと 実際に貢献しているとは言い難かった事もあり、本年度は本来の目的を達成するためにより対象を絞り、補助対象を限定した制度に修正、7月より開始されます。(当初は 6月開始予定でした)
それが 新制度住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業です。因みに当初予算は 25億円です。
当事業は、住宅に困窮している低所得の高齢者、障がい者、子育て世帯の居住の安定確保を図るため、居住支援協議会等(以前は 地方公共団体)との連携のもと、入居ニーズや住宅オーナーの意向を踏まえた上で、空き家等を活用し一定の質が確保された低廉な家賃の賃貸住宅を供給することを目的としています。
対象住宅は 入居対象者を原則として収入分位25%以下の高齢者、障がい者、子育て世帯であって、現に住宅に困窮している世帯に限定し、一定の質が確保された賃貸住宅であること、床面積は原則25㎡以上で住宅設備を有すること(台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室)等の条件があり、家賃は公営住宅の家賃に準じたもの(若しくはそれ以下)でなければならない等 かなり厳格に規定されています。
対象となる工事はバリアフリー改修工事、耐震改修工事、共同居住の為の改修工事及び居住支援協議会等が必要と認める改修工事に係る費用であるとしています。補助限度額については50万円/戸(従前は100万円/戸)となっています。
(但し 共同居住用住居に用途変更(コンバージョン)する場合は、100万円/戸が上限です)
前年までのセーフティネットと比較すると、明らかに利用できる物件が限定的になり 使い勝手が悪くなっていますが、ニーズが合致すれば上手く活用できると思います。

愛媛県に暮らす私なら、利用例としてですが、

①低所得(生活保護者)の子育て世帯をターゲットに絞り ↓
②賃貸住宅を企画し、格安の築古建物(戸建)を仕入れ ↓
③この制度を使い 耐震化・リノベーション(リフォーム)工事を実施 ↓
④入居者募集し 賃貸に出す
という感じで 制度を活用可能です。併せて 「省エネルギー住宅ポイント」という補助金も併用できそうなので 検討します。
尚 ご不明な点は、お気軽にお問合せください
住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業
広告

【戸建年金塾】400万円戸建投資法がさらに進化!ローン不要の究極の不動産投資

【戸建年金塾】

不動産投資はマンションやアパートを一棟買いするのが「正攻法」のように言われています
が、はたして本当に正しいのでしょうか?

確かに 一棟買いすることで、区分投資と比べると資金効率が良くなりますし 空室対策が取りやすい
というメリットは有りますが、購入する際に必要な金額も大きくなりますから不動産投資に
失敗した時に抱える借金の額が膨らむ可能性も 高くなる訳です。

一般的に 不動産投資を始めたばかりの段階では、ケアレスミスや思い違い等で失敗する可能性が高い
ものです。レバレッジ最大でFXトレードを行うビギナートレーダーのような無茶ぶりが
感じられない と言ったら嘘になります。

例えば FXなどではデモトレードで練習した後に、低レバレッジで余裕を持ったトレードから始める
のがセオリーですが、不動産投資だけは レバレッジ最大で始めてもいいという考えは危険であると言えるでしょう。

そこで、ローンを組まなくても購入できる金額で、一戸建て住宅をマイホーム用としてでは
なく、不動産投資用として購入したほうがいい
とアドバイスをするのは、戸建投資コンサル
タントの筒井俊彦さんです。

400万円あれば手に届く一戸建て物件は 未開の地である北関東や、それこそ人が少ない北海道や
山陰まで行かなくても、首都圏近郊で見つけられる と聞けば驚くのではないでしょうか?

もちろん、首都圏近郊と言っても 隣がゴミ屋敷や迷惑住民であるとか、東日本大震災で津波
の被害にあった 茨城から千葉の太平洋側といった特殊な物件ではなく、東京の会社に通勤を
している人が 数多く住んでいる距離の物件が手に入るのです。

仮に300万円の物件を買ったとして、運用利回り10%でまわせば年30万円の利益です。

これだけを見れば 一般的な不動産投資と比較すると物足りなく感じるかもしれませんが、不動産投資
の経験値を無理なく増やせますので、将来的に高額なマンションやアパートを一棟買いする
時にも 十分応用することが可能です。

ローンを抱えないわけですから、最悪のケースでも物件を処分して「損切り」すれば終わり
であり、失敗しやすい不動産投資家の初心者にとっては取り組みやすい手法
と言えますネ。

【文章の続きを開く】

「不動産投資大百科」がリニューアルされました…絶対損しない殿堂入り無料教材

「水戸大家さん」こと峯島先生が、3年前からお配りしている 『不動産投資大百科』 のページがリニューアルされました。

峯島先生は今から3年前の11月に それまでの不動産の知識と経験と そして市販されている本を参考に

全ての不動産投資のノウハウをまとめた 「不動産投資大百科」という500ページ以上のノウハウ本を

ネット上で完全無料で配り始めました。

その当時も今も、このボリュームで不動産投資の解説をした教材が無料で配布されている事は無いですし、

この教材を読むだけで かなり不動産投資に詳しくなれる教材です。

内容も多岐に渡り、なぜ不動産投資は資産形成に有利なのか?という初歩的なお話から、

物件の購入、融資、管理、売却、新築、リフォーム、競売などなど、

ほぼ不動産投資に関してのノウハウは これを読めばわかってしまうくらいの内容です。

配り始めた当時も今もそうですが、このくらいの教材になると、3万円から5万円で販売しても良いくらいの内容になっていますし、

ダウンロードして頂いた方には 不動産投資の解説をした 先生の動画が無料で配信されたりもします。

そんな不動産投資大百科ですが、この3年間で読んでくださった方が ナント17万5999人にもなったそうです。

ただ、もう3年前に作ったサイトなので、この度 ページをリニューアルされました。

こちらが新しい不動産投資大百科のページですので、

ぜひご覧になってみてください。

→ http://directlink.jp/tracking/af/785425/qwvJsXAH/

これを多くの人に読んで頂いて、不動産投資で大失敗する人が少しでも減ることを 切に願います。

給料以外で不動産投資の頭金(種銭)を作る方法

不動産を積極的に買い進めていくための
自己資金作りに役立つ、仲尾正人先生が書いている、

ハイブリット投資 中国輸入ビジネス マニュアル
を ご紹介します。

不動産投資の頭金を作りたい方は必見です!(給料からケチって 種銭を作りたい方はコチラをご覧下さい)

①不動産投資に興味はあるが 頭金がない。 

②不動産に限らず色々な投資を行いたいが、まとまった資金がない。 

③賃貸物件の大家になりたいが購入費用がない。 

④不動産投資のために銀行に融資をお願いしたが、自己資金がなく まともに取り合ってくれない。 

⑤頭金を貯めようと様々な副業を試したが、なかなか結果がでない。 

⑥セミナーや書籍などで、不動産投資の勉強をしているが資金不足で実行できない。 

このような悩みを抱えているなら、この「ハイブリット投資 中国輸入ビジネス」をおすすめします。

このビジネスモデルは、中国から商品を仕入れて、日本のアマゾンで販売する という至ってシンプルなビジネスです。

私もこのマニュアルを読んでみて 非常に勉強になりましたし、大人気の理由は本当 納得ですね。

ビジネスの考え方など、他分野にも非常に役に立っています。

サラリーマンとしての収入だけでは不安で、副業を始めたいけど何から始めたらよいかわからない人でも、親切に教えてくれます。

講師陣が、現役サラリーマン大家+輸入ビジネスのプロフェッショナル というのも魅力の一つですね。

経営者向けセミナーの半額程度の金額でも、かなりのノウハウを教えてくるので 興味ある方は一度勉強してみることをお薦めします。

ハイブリット投資 中国輸入ビジネス マニュアル
詳しくは コチラ

給料から ケチって不動産投資の資金(種銭)をつくる方法

嘗て、

不動産投資の種銭として、300万~500万円あれば、不動産投資ができる。」
という記事を書きましたが、その種銭につきまして よく質問を受けるのでお答えしたいと思います。


「300万~500万円もの種銭を、どのようにして作ればいいのか?」

私の感覚では、普通に働いている人であれば、300万~500万円程度の貯金をするのは、そんなに難しくないことだと思っています。

逆に、300万~500万円程度の種銭が作れない人は、生活習慣に何らか問題があって種銭が作れないのかも知れません。

簡単に言えば、無駄遣いが多いから、種銭(貯金)ができない んですよネ。

種銭が貯まらない って人は、一度 ご自身の生活費をよく観察し見直して下さい。そうすれば、簡単に?300万~500万程度の種銭が貯まりますヨ。

今日は、今ある給料ベースで種銭を作る考え方をご紹介しますので、種銭作りの参考にして下さいネ。

(給料以外で 種銭を稼ぐ方法はコチラ)

種銭を作る基本的な考え方としては、

「10~15年後(の近未来)に、お金にある程度不自由しなくても済む」ために、種銭を貯めます。(笑)

まずは、ご自身がお金に困らない生活ができることをイメージして、

そして 種銭を貯めてお金儲けの方法を実践することを強く意識することで、

種銭というのは大変必要なものである と自然に考えるようになります。

種銭を作るには、ある種のお金に関しては 徹底的にケチる必要があり、

このお金をケチることができなければ、正直 種銭をつくるのは難しいのです。

では、具体的に種銭を作るためにどのようなお金をケチれば種銭ができるのでしょうか?

答えは簡単です。

種銭を作るために、ケチるお金は遊興費・車・住宅・保険です。

もう一度言います。ケチるお金は、①遊興費・②車・③住宅・④保険 です。

種銭を作るために、この4つの種類のお金をケチることができれば、あっという間?に300万~500万円ぐらい残ります。

これは、1人暮らしの独身であっても、家族がいても 基本的に主条件は変わりません。

では何故、種銭を作るために、遊興費・車・住宅・保険のお金をケチるのか?

その理由は簡単です。

遊興費・車・住宅・保険は、毎月使うお金の金額が 半端なく多額になるからです。

①種銭を作るためには、会社の同僚と飲みに行くのは、残念ながら時間とお金のムダです。

会社の同僚と飲みに行っても、愚痴を言ってお互いを慰め合うぐらいのことにしかなりません。(汗~)

種銭を作るには、自分の将来をしっかり考えて そのような付き合いを辞めれば、簡単に種銭が作れるようになるんです。

②また種銭を作るのに、高い新車の車など購入する必要はありません。

車にお金を掛けるのは、収入が増えて豊かな生活ができてからでも遅くはありません。

ローンなどで新車を購入していては、絶対に種銭は貯まりませんヨ。

車を持つということは、毎年、税金・保険代などいろいろな出費が出ていくものを購入する事と意識して下さい。

種銭を貯める事が第一と考えれば、中古車でも安くて良い車を購入すれば十分です。

種銭を作るためには、原則見栄を張っていては貯まりませんヨ。

③住宅に関して、住宅ローンがある人は住宅以外の事に お金をケチってください。

賃貸住宅に住んでいる人は、新築や築年数が新しい物件に住んでいては、家賃が勿体無いだけです。

種銭を真剣に作りたいのであれば、築20年以上の賃貸住宅に住めば 格安で部屋を借りることができ、種銭が貯まりやすいです。

④保険は、生命保険などは現在の低金利時代では、終身保険に入るのはお金のムダです。

種銭を作るのであれば、掛け捨ての生命保険で十分です。

ここ数年の生命保険の終身保険は、積立利率の年間利回りが約2~2.5%もあれば良い方です。

そのような低利回りの終身保険に加入するのはお金のムダです。

【まとめ】種銭を作る一番のポイントは、1ヵ月間に食費などで1000円ケチケチするより、高額支出の遊興費・車・住宅・保険を 数万円以上ケチることです。

このような考え方を持って生活すれば、種銭の300万~500万円ぐらい、あっという間に貯まります。(笑)

さらに、効率的に種銭を貯めるには 収入を増やすことです。収入を増やす方法は コチラ

種銭を作るために、働きながら収入を増やすには ネットビジネスが一番ですネ。

小さく始める不動産投資術 明日からあなたも大家さん

借金しない不動産投資術 明日からあなたも大家さん

daitokuさん他著名な大家さんのメルマガにも書かれていましたが、日本政策金融公庫の融資方針が変わった様です。変更内容は、「いままでは再建築不可や違法建築物件、テラスハウスなどにも融資をしていましたが 出来なくなった。」というもの・・・。今後は政府の考え方に沿って融資をしなくなる方針の様です。

また、私が参加している「名古屋大家塾」や「中国大家会」などでも同じ現象が起きていますが、最近戸建物件を購入されている方が多くなっています。規模拡大するには時間はかかりますが、確実性の高いのが「戸建賃貸」

要因ですが、アベノミクス等により 1棟物の値段が上がっていることと、戸建賃貸の有利性に気付いた人が多くなっていることではないでしょうか?

私を含め 現金購入の方も多いですが、公庫を使って高利回り物件を手に入れていた方もかなり多いのです。

でも今後 公庫でこのような物件を購入することはかなり難しくなりますネ。ということは普通の戸建に人気が集まり 価格が上がると私も予想しています。

戸建を狙っている方は 今がラストチャンスかもしれません。

今日は 効率的に優良戸建物件を手に入れるメソッドを 開示した商材をご紹介します!

この商材の概要ですが 一戸建不動産を安価に購入し、賃貸物件として収益を上げていくビジネスモデルとなっています。
ノウハウとして
・物件購入時の調査の仕方:賃貸需要のある場所か?
・購入金額交渉方法
・リフォーム工事を安価に済ませる方法
・入居者募集
・管理方法
・出口戦略

以上をまとめています。発売者のサポートも、実地サポート迄付いていますので、とっても手厚く感じます。

借金しない不動産投資術 明日からあなたも大家さん

 

アパート・マンション経営は本当に稼げるのでしょうか?

初公開!1年でCF1000万円を可能にする不動産投資ロケット戦略

『副業でアパート・マンション経営』 こういった言葉を良く耳にしますよネ。
インターネットで このキーワードで検索すると、その手のサイトは、山ほど出てきます。

しかし、それとは真逆に、

「不動産投資はやめなさい!」「そう簡単に稼げないヨ!」といったサイトも沢山出てきますので、
興味を持ったにも拘らず 戸惑った方 トーンダウンした方も多いのではないでしょうか?

私も不動産業界に籍を置き 自らが大家という身分として、不動産投資ビギナーの方や感心がおありの方に、正直な話をお伝えしていきたいと思います。

まず 「アパート経営は本当に儲かるのか 否か?」


私の知人大家さんでも、サラリーマンをしながら、稼いでいる方が沢山存在します。(ある一定の経営規模となり、法人設立した方もいます。)

しかし 確かに文句を言うというか、愚痴る大家さんはある一定の比率で存在します。
例えば

「アパート経営は 何をしているか分からん!」
「税金と銀行への支払いを除けば、殆ど残らん!」etc…
本当 耳にタコが出来る位聞いた話です。(笑えませんが)

しかし、これについては、私自身は、「本当に困っているから言っている訳ではない」 そう思っています。

何故なら、この手の文句は空室で真剣に困っている時には、人は決して言わないからです。

そして もう一つ、空室状態があまりにも長く続くと、愚痴の一つも出てこない という真実。
当たり前と言えば当たり前ですが、ここに この不動産投資ビジネスの大きな特徴が表れていて、あくまでも満室状態が継続されて初めて 手残りがある程度発生するのが「アパート経営」なんです。

早い話が、満室でないと、多くの大家は儲からないんです。(よっぽど安く 物件取得できれば話は別ですが…)

「アパート経営は稼げない」という大半のコンサルタント先生は、やたらと「稼げない」、「儲からない」と仰られます。

しかしその割りには、具体的な解決策を提示できていないのもまた真理。

仮に提案できたとすれば、「ズバリ 空室対策とは●○です!」と言った、

そんなの誰でも知っている 本屋さんで売ってるくらいのレベルの内容です。残念ながら・・・。

ですので、これから不動産経営を目指す方、若しくは既に投資を行われる方で結果が出ていない方、そういった方向けに、
アパート・マンション経営の真実を語っていければと 強く思います。

初公開!1年でCF1000万円を可能にする不動産投資ロケット戦略