カテゴリー別アーカイブ: カーシェアリング

★流行りの「カーシェアリング」賃貸住宅のオーナーにとっての影響と接点?★

カーシェアリングをご存知ですか?
車を購入・所有せず、複数の会員で共有=シェアし、必要なときだけ利用するサービスのこと。
1970年代にスイスで始まり、80年代からビジネスとして広がったといわれています。
現在、ヨーロッパ、カナダ、アメリカといった欧米各国を中心に、さらに普及が進んでいるようです。

日本で広く知られるようになったのは、ここ数年のこと。
徐々に事業者が増え、会員数を伸ばしています。

主な特徴を振り返りしてみます。(以下は代表的な例)
1.会員制…会員は入会初期費用・月額基本料を支払います。さらに、車を使う際、利用時間と走行距離に応じた料金を 支払う。ガソリン代はこれらに含まれてる。レンタカーのように「満タン返し」する必要は無し。

2.短時間での利用が可能姉妹…レンタカーは概ね、最低でも6時間程度の時間貸しですが、カーシェアリングの場合、15分、30分といった短い時間でも 利用が可能。子供の幼稚園等への送り迎え、大きな買い物をする際などにも便利です。

3.ネット予約…予約はパソコンや携帯電話からインターネットを通して行なう。ネット予約の場合は24時間いつでも手続きが可能。

4.無人管理…予約した会員は、無人の「貸出しステーション」で、ICカード、あるいは登録済みの携帯電話を車にかざし、ドアを開ける。キーは車内に 車載コンピュータが管理センターと通信していて、車両の状態、故障状況、ガソリン残量など様々なデータがやり取りされる。車は遠隔管理され、24時間いつでも貸出・返却が可能姉妹。

◎カーシェアリングの第一のメリットは経済的負担の軽減です。
車を所有すると、車本体を買う費用のほか、税金、保険料、車検費用など、様々な維持費がかかりますが、特に都市部ほど、それらに見合うほどに車を利用している人は多くありません。

その点、カーシェアリングでは、それらすべてがかかりません。とても合理的で経済的

◎さらに、もうひとつのメリットは、地球環境への貢献です。
カーシェアリングの普及が進み、結果的にクルマの総数が減ることになれば、二酸化炭素排出量が削減されます。交通渋滞の緩和、迷惑駐車の解消なども期待できるといわれています。

さて、前置きが長くなりすぎましたが カーシェアリングに使う車を停めておく「貸出しステーション」が、賃貸住宅の駐車場に置かれることも度々あるようです。
入居者が希望すればそのまま(無料で)会員となれるサービスを設定し、物件価値を上げるオーナーさんもいらっしゃる様子。
そうした場合の契約のかたちとして、

・オーナーが駐車スペースを事業者に無償提供する
・事業者が駐車場賃料をオーナーへ支払い、スペースを借りる
・駐車スペースの無償提供と引き換えに、オーナーも事業に参画し、売上をシェアする

等、いくつかのケースがあるようです。
愛媛県松山市での先駆的ビジネスモデルはこの会社です。要注目です!
http://www.3puku.co.jp/car/

広告